博多雑煮

博多雑煮

博多の正月といえば、あごだしの風味が効いた博多雑煮が定番。澄んだだしにたっぷりな具材で、上品ながら食べ応えのあるお正月のごちそうです。

材料(2人前)

ぶり 50g
鶏肉(もも) 80g
にんじん 20g
里芋 2個
かつお菜 50g
2個
焼き豆腐 1/4丁
かまぼこ 2切れ
干ししいたけ 1枚
大根(敷き大根) 2枚
小さじ1
400ml
ニビシ「あご白だし」 大さじ3

作り方

  1. 食材の下準備をする。
    • ぶりは一口大の角切りにし、熱湯をかける。
    • 鶏肉は一口大に切る。
    • にんじんは輪切りにし、下茹でする。
    • 里芋は皮をむき、塩でもみ洗いをしてぬめりを落としてから下茹でする。
    • かつお菜は茹でて、3冂垢気棒擇襦
    • 餅は柔らかく茹でる。
    • 焼き豆腐、かまぼこは食べやすい大きさに切る。
    • 干ししいたけは水に戻し、軸を除いていちょう切りにする。
    • 大根は敷き大根にするため、薄い輪切りを2枚準備する。
  2. 鍋に「あご白だし」と水と酒を入れ、火にかけ沸騰させる。
  3. 鍋にぶり、鶏肉、にんじん、里芋、かつお菜、焼豆腐、かまぼこ、しいたけを加え、弱火で温める。(澄んだだしにするために、弱火で具材を温める程度)
  4. 器の底に大根を敷き餅を入れ、その上から具を並べ、汁を注ぎ込んで、出来上がり。